テクノロジーの基礎

service-428539_1280

テクノロジー(Technology)は、「特定の分野における知識の実用化」であったり、「科学的知識を個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論」であったり、「道具や技巧についての知見を使い環境に適応したり制御する能力を高める方法」などとされています。

厳密な定義があるわけではなく、実際には様々な用いられ方をしています。

「テクノロジー」はギリシア語の technologタaからきており、「技巧」と「(何かを)学ぶこと」を意味する表現を組み合わせた語です。

人類のテクノロジーの使用は、自然界にあるものを単純な道具にすることから始まりました。先史時代には、火を扱う方法を発見することで食料の幅が広がったり、車輪の発明によって行動範囲が広がったため、環境を制御できるようになったそうです。

最近では、プリンター、インターネットの発明により世界的規模で自由に対話できるようになりましたが、テクノロジーが常に平和的目的で使われてきたわけではありません。

武器の開発は、人類の歴史とともに棍棒から核兵器へとその破壊力を増す方向に進んでいるのです。


テクノロジーは社会やその周囲に様々な形で影響を与えてきました。


多くの場合は、テクノロジーが経済発展に貢献して、有閑階級を生み出します。

また、テクノロジーは公害という好ましくない副産物も生み出すため、天然資源を消費し、地球とその環境に損害を与えています。テクノロジーは社会における価値観にも影響を与えており、新たなテクノロジーは新たな倫理的問題を生じさせています。効率=efficiencyという概念は機械に適用されるものでしたが、人間の効率性をも意味するようになってきています。

現在ではテクノロジーが人間性を向上させるかどうか、また、テクノロジーのもたらす害悪・危険について、様々な議論が行われています。ネオ・ラッダイトやアナキズムなどの運動は哲学的に、現代社会におけるテクノロジーの普遍性を批判したり環境を破壊するなど、人々を疎外するとしました。また、それ以降にも様々な人々からしばしば批判がおこっており、現実的な視点から全世界で反原子力運動は現在でも頻繁に行われています。

一方、トランスヒューマニズムなどの支持者は、テクノロジーの継続的進歩が社会や人間性にとって有益だと主張しています。アインシュタインは「科学技術の進歩というのは、病的犯罪者の手の中にある斧のようなものだ」とも述べています。

最近までテクノロジーの開発は人類のみが行えることだと信じられていましたが、他の霊長類や一部のイルカが単純な道具を作り、次の世代へとその知識を伝えていることが最近の研究で分かってきています。

TOPへ戻る